格安夜行バスの利便性

格安夜行バスには他の交通手段に対してすぐれているところはたくさんある。

主なところでは、運賃が安い、快適に乗車できる、時間を効率的に使えるといったことがあげられる。

格安夜行バスの利点:運賃が安い

格安夜行バスの最大の利点は運賃の安さに尽きる。

新幹線や航空の片道分の値段で「往復割引」が買えることもある。

もっとも最近は航空業界の競争が激化して多様な割引運賃が登場し、夜行バスの価格面での優位性は若干薄れてきてはいる。

格安夜行バスは確かに航空の割引運賃に押されることもあるが、基本的に1年中同じ運賃なので、航空や新幹線などの割引運賃がほとんど適用されないような時期には特に重宝する。

また、夜行バスは「宿泊」の機能も兼ねているので、宿泊費を浮かせることができるというメリットもある。

格安夜行バスは、価格の面ではほかの交通機関を圧倒している。

そして価格の面だけでなく、その利便性の面でも他を圧倒している。

それが今日の格安夜行バスの人気の秘密であろう。

しかしその人気があるがゆえの企業側の甘えによる、安全運行指導の徹底不足、運転手の超過勤務を無視、利益ギリギリまでに運賃を押さえ運転手の給料や休暇を削ってまで顧客を獲らなければいけない現実。

このような実態がある限り、この人気や需要もいつまでも続くものではない。



格安 高速 夜行 バス

夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。

そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。

たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。

高速バスなどの長距離を運転する「夜行バス」には2名の乗務員が途中のサービスエリアで交替しながら運転していくことになっている。

ただ短距離の場合は途中で乗務員が交替したり、1名の乗務員が途中で長い休憩をとって運転することもある。

最も長いところでは福岡から東京までの1,100km以上の道のりを約14時間かけて走行していくものがある。

格安夜行バスを利用する側にとってみれば、夜寝ている間に移動を行い、朝には現地に到着しているという感じなので、現地で時間を有効に使うことができて大変便利である。

さまざまな工夫がなされたシートは快適でおまけに運賃は他の交通手段に比べるとはるかに安いので、かなりお得な交通手段だといえるでだろう。

格安夜行バスは、夜寝ている間に現地まで格安で運んでくれる本当に便利な乗り物である。

誰にとっても時間は有限だ。

そしてお金も有限である。

その時間とお金を無駄遣いしないようにしてくれる夢のような乗り物が格安夜行バスなのである。



夜行バスの歴史

格安夜行バスは今、変化のときを迎えているのかもしれない。

私たちは価格だけではない夜行バスだけの醍醐味をもう一度再認識して、バス会社は乗客は決して価格だけで夜行バスを選んでいるわけではないことを理解してほしいと思う。


・格安夜行バス-夜行バスの歴史@
そんな夜行バスの歴史をちょっと紹介する。

夜行バスの歴史は意外と古く、1960年代から国鉄などが列車の補完として走らせていた。

当時は高速道路網も現在ほど充実していないし、また車両もごく普通の昼間に走る観光バスと同じようなものだった。


・格安夜行バス-夜行バスの歴史A
そんな夜行バスに、一大転機が訪れたのは1980年代の後半だ。

福岡県の西日本鉄道が大阪府の阪急バスと組んで1983年に開業、そして1986年に新型車両を導入した福岡と大阪を結ぶ「ムーンライト」号がその先駆けとなった。

従来タイプの2人掛けシートではなく、1人1人各席が独立している大きく背もたれがリクライニングするゆったりとしたシート、トイレはもちろん自動車電話も装備するなど当時の常識では考えられないような豪華さを誇る新型車両を導入した。


・格安夜行バス-夜行バスの歴史B
そのような豪華装備にもかかわらず運賃が飛行機や新幹線などに比べはるかに安いということもあってまたたく間に大人気となった。

同じ年には東日本でも東京と弘前(青森県)を結ぶ「ノクターン」号が開業し、これも大人気となった。


夜行 バス 格安か安全か

格安夜行バスの実態は深刻だ。

これだけの安い価格で運行をしている限りはしわ寄せがくるのも無理はない。

特に規制緩和の中で中小零細企業が参入をしてきた関係で既存の大手バス会社と零細企業の価格争いが起こっている。

零細企業が大手に勝つには価格を下げるしかない。

これがそもそもの夜行バスの事故増加の原因の一つであろう。

格安夜行バスを運行する零細企業を監督するべき国土交通省も対応が間に合わないのが実情だ。

規制緩和には「事後チェック」の強化が不可欠だが、増える一方の貸し切りバス事業者への国の監査は追いついていないのが現状だ。

ある零細バス会社についても、00年の設立以来、最近まで一度も監査は行われなかった。

格安夜行バス会社の監督強化のために、国土交通省の担当者は「特に零細業者への監査をどうすれば良いのかという問題意識は持っている」と話している。

昨年2月には、新規事業者の参入ラッシュに対応するため、設立許可後、半年をめどに監査に入ることや5年程度監査を受けていない事業者には優先的に入るよう方針を転換した。

02年7月に108人だった全国の監査人員は、今年1月の増員で166人に増えた。

それでも、貸し切りバス事業者に監査に入る平均頻度は、5.3年に1回だけだ。

格安夜行バスが増加して利用者にとっては利便性が上がり、選択肢が増えた。

しかし格安か安全かと問われればほぼ100%が安全を選ぶだろう。

安全が確保されていない夜行バスに乗る人はいない。

もう一度格安夜行バスを運営する企業は襟を正してほしい。




格安夜行バス

格安夜行バスが人気だ。

規制緩和に伴って高速バス運行会社が急増したため、各社とも生き残りをかけて運賃を大幅に値下げしている。

そのため価格競争が激化。

この間までなら考えられないような価格で各都市を結ぶようになった。

格安夜行バスは運賃の安さから全国に広がったが、最近では相次いで重大事故が報告されるようになった。

またその劣悪な労働条件も問題になり、例えば交代運転手が貨物室で就寝すると言う状況だけでなく、中には交代要員を乗せずに運行する事業者さえ現れた。

また賃金の低下も問題となり、一時バス運転手が大量退職する問題が表面化したこともある。今やバスは「最も危ない乗り物」とまで言われる様になった。

格安夜行バスは規制緩和の賜物といえる。

しかしこの規制緩和が現在の夜行バスの事故増加に拍車をかけたといえる。

国土交通省によると、貸し切りバス事業者は99年度は2336業者だったのが、翌年の規制緩和で免許制から許可制になり、04年度は3743業者に増えた。

その約7割がバス10台以下の小規模事業者だ。

事業者増加で競争が激化し、運賃はピーク時の半額に下落した。

業者は「働いてももうからない」状態にある。

格安夜行バスを運転する運転手の収入は400万円を切っているという。

年収400万円ということは生活をしていくにも充分ではない。

ほとんど休みなく働いている中でのこの収入は、格安夜行バスを運営する企業側も考えなければならない。